〜東南アジアバックパッカーブログ更新中〜 現在カンボジア編

カンボジアでもソンクランは続く。というよりタイよりむしろ激しいかも【バックパッカー@カンボジア編①】

バックパッカー
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

見てくれてオークン(カンボジア語でありがとう)、まっちゃん(@mac_chan)です。

タイ、バンコクでのソンクランに大満足した後、次の行き先、カンボジアのシェムリアップへと移動を開始。2019/4/15の事。

ソンクランってタイが有名じゃないですかー、あとミャンマー。カンボジアのソンクランって聞いたことあります?

行くまで知らなかったけど、まさかまさかのカンボジアにもソンクランがあるんですよね。知ってたらもっとスケジュールを考えたんだけど、そんなこと言っても後の祭り。

結果、カンボジアでもソンクランを経験することに。これがまたタイとは違った雰囲気で面白かったな。結果オーライ。

逆にカンボジア、シェムリアップの普段の姿をあまり経験できなかったのは少し残念だったけど。それはまた行けばいいだけだよね。

タイ→カンボジアのバス移動中から色々すごい

タイでの2週間の生活ですっかりバックパッカーとしての生活に慣れて来たので、カンボジアの移動もバックパッカーらしくバスで移動することに。

カンボジア行きのバスはBTSモッチート駅近くの北バスターミナルから乗ることができます。

バスチケットは事前に「タイチケットメジャー」というサイトで購入しておいたので、現地についたあとはバスに乗り込むだけ。なんだけど、カンボジア行きの場合はビザを持っていない場合、バスの運転手さんが代理で手続きしてくれる代わりに顔写真やお金の準備が必要になるので、事前にその準備をしておく。

人生初の国境越えバスはコチラ。

周りを見渡してみると欧米系の人たちばっかり。初めは隣に人がいたけど、バスの席に余裕があったので後ろの方に移動していきました。

国境越えの際に必要な知識を色々頭に叩き込んで、さあ国境を越えたはいいものの、

バスが見当たらない。。

国境ゲート付近でウロウロしてると一緒にバスに乗ってたお姉さんを発見。するも彼女も迷ってるらしく2人でウロウロ。

こういう時に何か話せたらよかったんやけど英語での会話ってやっぱり難しい。英語の勉強が必要と改めて感じた瞬間でした。

結局、人に道を聞きまくった結果、バスを見つけることができました。結果オーライ。だけど先が思いやられるぜ。

カンボジアへの国境を越えて

さあ、国境をこえてカンボジアの街を進むバス。外を見てるとタイとは全く違った光景が目に飛び込んでくる。

すれ違うバイクは3人乗り、4人乗りは当たり前なんやけど、乗ってるのは小学校高学年〜中学生くらいの年代の子たち。

道は荒れてるし、家は木で作られたものがたくさん。文化の違いを改めて感じた瞬間やったな。

しばらく走ってると、なんか水が窓に。

外をみると水鉄砲でバスが撃たれてる。笑

ここはタイか?いやカンボジア!バスを撃つなんてなかなか過激な子たち。

バスはソンクラン渋滞に巻き込まれて、止まったり走ったり。これはシェムリアップに着くのは確実に遅くなるな。

それだけじゃなくて、ついにはバスを止めて乗り込んで来る強者が現れる。

カンボジアのソンクラン。バスに乗り込んで来る人たち。

なかなか貴重な体験。笑

さらにしばらくすると、今度はスコール到来。もう辺りは水だらけ。

カンボジアのソンクラン。スコールの中でソンクランを楽しむ人たち。

そんな中でもバイクを運転したり、ソンクランを楽しむカンボジアの人たち。それだけこの日が大切な日ってことなんやろうか。

バスで移動してるだけでこんなに色々なものを見ることができるとは知らなかった。

これからの移動はなるべくバスを織り交ぜていこうと思った瞬間だったな。国境を渡る時は特にね。

シェムリアップ、パブストリートのソンクラン

バスでの移動中に色々あったおかげで定時より1時間以上遅れてシェムリアップにバスが到着。

その後は日本人ゲストハウス「The City Premium guest house(シティプレミアムゲストハウス)」で新たな日本人と出会い、その日のうちにシェムリアップの中で一番ソンクランが盛り上がってるであろう「PUB STREET(パブストリート)」に突撃。

人がすごい!

カンボジアのソンクラン。パブストリートでの若者のダンス

こっちの人たちはタイよりもガチな表情で水を撃ってきます。

カンボジアの若者もたくさん集まっていました。みんな踊るのが好きなんやね。

カンボジアのソンクラン。パブストリートの様子

タイでは夜にソンクランを経験してなかったので、カンボジアでのソンクランは新鮮でした。多分カオサンのソンクランもこんな感じやったんやろな。

ソンクラン中はお昼もお祭り

翌日の昼はフラッと近所探索。ゲストハウス近くのロイヤルガーデンっていう公園に行くとなんか盛り上がってる。

新年のお祝いをしてるっぽいね。言葉は読めないけど。

賑やかな音楽が流れてたので近くに行くと、みんなでダンスしてました。水鉄砲を持った子もちらほらいて、水をかけてたな。

カンボジアのソンクランで見かけたダンス

たまたま見かけたこのスイカにはびっくり。すごいよね。

カンボジアのソンクランは少し長い

カンボジアのソンクランの期間は4/17まで。17日はもう落ち着いてたけど、まだ水鉄砲を持った人もちらほらいた感じ。タイのバンコクだと4/15までだから少し長いね。

個人的なスケジュール上、この期間中にアンコールワットやプレアヴィヒアを訪れたんだけど、行き帰りのトゥクトゥクや車に水が飛んでくる飛んでくる。

結局、シェムリアップの普段の姿を見ることはできなかったけど、レアな経験ができて楽しかった。

タイのソンクランに行ったことある人も、カンボジアのソンクランに行ってみるといい経験になるかも。個人的には雰囲気はかなり違う印象だったな。

カンボジアの方が現地の若者が多くて、活気がすごいなと。

ソンクラン中は遺跡に現地の人がたくさん

カンボジアのソンクラン中は、プノンペンに住んでる人たちもシェムリアップを訪れるそう。元々シェムリアップ近辺に住んでた人で、仕事のためにプノンペンへ行ってる人が多いみたいで、長期の休みの間に帰ってくるとか。

その間にアンコールワットに訪れる人も多いみたいなので、普段よりもかなり混み合うそう。実際行ってみたけど、アンコールワット近辺は確かに人が多かったな。

ゆっくり遺跡巡りをしたい人は、この期間を外した方が無難かもしれない。

でもカンボジアといえば遺跡巡りだよね!結局ソンクランと丸かぶりで遺跡探索することになりました。

次回はそんな遺跡探索の様子をどうぞ。

よければページ下部のSNSもフォローお願いします!

それじゃまっちゃねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました