〜東南アジアバックパッカーブログ更新中〜 現在カンボジア編

「インデアンカレー」の病みつきの辛さから離れられない体になってしまった

ご飯(ほぼカレー)
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

カレーが癒しを与えてくれていることに気づき始めた、まっちゃん(@mac_chan)です。

さて、スパイスカレー全盛な大阪界隈のカレー文化ですが、そんな中でもいつも賑わっている欧風カレー店があります。

カレー好きなら知る人ぞ知る、インデアンカレー。

1947年に初めて店を出したということなので、もう70歳越えです。貫禄がすごいです、はい。

病み付きになる辛さが特徴の老舗。今回はクリスタ長堀の中にある長堀店に行ってきました。

インデアンカレー 長堀橋店

「インデアンカレー 長堀橋店」は心斎橋駅と長堀橋駅を通る地下街、「クリスタ長堀」内にあります。

地下街を歩いていると必ず前を通るので、通り過ぎないようにだけ注意ですね。

どちらかというと長堀橋駅よりの、飲食店がたくさんあるエリアにお店があります。

地下なら雨の日でも楽に行けますね。

雨の日の13時ごろ。待ちはいないけど、店内はほぼお客さんで埋まっています。

店外のポップが秀逸ですねー!

歩いててこんなのが目に飛び込んできたら、入りたくなるに決まってるやん。

というわけで店内に入って、今回はインデアンカレーのタマゴ入りを注文。

スパゲッティの文字がレトロさを感じさせますね!(スパゲティーじゃない感じが)

それじゃ隙間時間を利用して情報収集でも。。。ん?

すぐ出てきた!待つこと1分ないくらい!

昔から見慣れた、ザ・カレーって感じです。スパイスカレーが多くなった最近だと、逆に新鮮な気持ちになる。

今日もカレーが食べれることに感謝して、、いただきます!

うまい!、、辛い!

この言葉に全てが含まれてるんじゃないかな(笑)。

始めに口に入れた時は、カレーの旨味(甘さ)が口に広がるんやけど、5秒くらいかな?時間差で後から辛さが弾けだす。

時間がたつほどに辛さを強く感じるようになるので、また旨味や甘さが欲しくなってカレーを口の中に運ぶ。食べる手が止まらない。止められない(笑)。

付け合わせにキャベツピクルスがあるんだけど、これ単体だと酸味が強いけど、カレーと合わせると絶妙に辛さを和らげてくれる。

あとはタマゴね。これは外せない。

パンにチーズ、ラーメンにミニチャーハン(!?)くらい鉄板だよ。

まろやかさが絡み合って、味の変化が楽しめる。これが50円とか優しさしか感じない。

ボリュームは結構あるほうだけど、ペロっと完食。

この病み付きの辛さからはもう離れられないな。

食べたことない人は中毒になる覚悟をして、食べに行ってみてくださいね。

お店情報

店名:インデアンカレー 長堀橋店 (INDIAN CURRY)
ジャンル: カレーライス、パスタ、ハヤシライス
電話:06-6282-2040
住所:大阪府大阪市中央区南船場2 クリスタ長堀 地下街2-8
交通手段:地下鉄 心斎橋駅・長堀駅から徒歩5分ほど
長堀橋駅から185m

営業時間:11:00~22:00 (L.O.21:45)
日曜営業
定休日:12月31日、1月1日、2月の第3月曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました