〜東南アジアバックパッカーブログ更新中〜 現在カンボジア編

便利=小型化の時代だと個人的には思ってる。これからの時代はこんな風に便利になるんじゃないかな

徒然なる雑記
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

便利アプリには目がない男、まっちゃん(@mac_chan)です。

周りを見渡してみるとこの数年の間にいろんなものが小さくなっていっている。

ずっとバンドやってたけど、最近じゃ人気のエフェクターと同じ音の小型エフェクターとか売られててビックリだよ。

ほかにも、DJはUSBだけ持っていってプレイする時代になってるし、本だって電子書籍があれば何冊でもひとつのデバイスにまとめることができる(だからって本がなくなるわけじゃないがKindleは神)。

これは、「便利=小型化」と言う方程式が出来上がっているからだと言えるんじゃないかな。

この流れに乗って、他にも今後小型化していきそうなものを先読みしていこう。

小型化その1:自動販売機

ほら、自動販売機ってめちゃくちゃ数があるけど、どれもだいたい同じ大きさででかくない?

その気になれば、もっとエコになるんじゃないかなって個人的に思ってる。

電気とか排出される二酸化炭素も2,0XX年までに何パーセント削減とか叫ばれてる時代なんだし、思いきって新型の開発に力をいれるべきでは?

あんまりバージョンアップしてなさそうやけど、今の技術ならもっといいものが作れそう。

大体、ジュースとかは温めたり冷やしたりするから大きいのはまだ分かるけど、タバコの自販機がジュースの自販機と同じ大きさっていうのがよく分からない。

結局はよくワカらないことだらけの世界だけど、分からないからこそ気づくってこともある(無知の強み)。

小型化その2:宇宙船

これもそう遠くない未来に実現するんじゃないかな。

今だってzozoのあの方や和牛のあの方も含め、宇宙事業にすごく力入れてるし。

大体、木星とか目に見えるのにいけない場所があるなんて歯がゆい。

最初から知らなきゃ何もなかったのにっていう、かなわぬ恋的な感じ。

宇宙船の形は、ドラゴンボール世代として、やっぱりあのラディッツが乗ってきたみたいなシンプルなやつが理想だな(欲しいな)。

重力調整できると、移動中に最強になれる!

これに関しては、問題はたくさんあるだろうけど間違いなく実現するやつやね。

小型化その3:VR(AR)装置

これはもうかなり小さくなってるっぽいけど、まだまだ小さくなって、ゆくゆくは普通のメガネと変わらないところまでいくはず。

そこまでいったら、ARも確実に実現してるね。

ARはポケモンGOをやったことがある人なら聞いたことくらいはあると思うけど、「Augmented Reality」拡張現実ってやつで、現実世界にバーチャル映像を映すってこと。

Appleのアプリでも、カメラでものを映すとサイズを測ってくれたりするけど、あれもARの一種になるのかな。

これはそう遠くない未来にやってくるのは間違いない。

仮想現実が実現したら、ずっとバーチャル世界と繋がり続けることになって、テレビなんかは無くなって、今の常識とは全然違う世界になるかもしれないね。

このタイミングで「デビルサマナー ソウルハッカーズ」は名作だからやるべし!と声を大にして言っておこう。

小型化その4:マウスとトラックパッド

これは今でもって考える人も多いかも。作ろうと思えば小さいのは作れそうだし。

ただ、今僕が考えているのはマウスの形はもう無くて、もはやセンサーのみを取り出したような物体を指輪にしてつけるみたいな。

それで、空中でもコンピューターが操作できるようになる日がもう近いと思う。

仕事なんかはマウスの方が細かく作業できるし便利だけど、ウェブブラウジングだけだとそこまでカチカチする必要もないし。

これは、パソコンだけに限った話じゃなくて、これから本格的にIoT「Internet of Things(インターネット・オブ・スィングス)」の時代になることで、家中の全ての装置が空中で操作できると絶対便利だと思うんだ。

音声入力もいいんだけどね。AmazonのAlexaを組み込んだデバイスが次々に発売されてるんで、音声入力の時代は間違いなく来てるけど、使える場所が限られることもあるので。

実は楽器では、エフェクターでワウペダルってのがあるんだけど、その代わりに指輪センサーで同じようなものを表現できる商品が発売されている。

僕はもちろん買いました(笑)。楽器好きな人は絶対買った方がいい。ライブが楽しくなるぞ(むずいけど)。

小型化その5:コミュニティー

最後はなんじゃそりゃって感じでしょ?

僕も書いてて合ってるんかなって思ってる。

ただ、これからの時代ってどうなっていくのかなって考えた時に、今までよりももっとたくさんのアイデアが生まれて多様化が広がって。

そうした時に今までのコミュニティーよりも、もっと密で小規模のコミュニティーがたくさんできることになるんじゃないのかなって。今でもそうなりつつある気がするけど。

たくさんの情報があふれた世界が当たり前になって。

その中から好きなものを見つけることも簡単になって。

国を超えて、言葉を超えて好きなもの同士で人が繋がり合って。

自分の好きなもの、ことで繋がれる世界になれば、コミュニティーは最適化されて、無駄?がなくなるというかよりスリムになっていくんじゃないかな。

まとめ(られない)

とりとめのないことを書きすぎて、もはやまとまらないしまとめる気もないけど。

たまにはこんなんもありでしょ。

書きたいことを書けばいいって、ヒトデマンが言ってたし!

また近いうちに!ちゃお^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました