〜東南アジアバックパッカーブログ更新中〜 現在カンボジア編

【カレー】「スパイス堂」はカレー好きなら行くべき名店!スパイスへの探究心を感じることができるはず

スパイス堂ご飯(ほぼカレー)
スパイス堂
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

カレーが好きで、ついにスパイスの勉強を始めた、まっちゃん(@mac_chan)です。

今回はそんな僕にピッタリの”スパイスが店内で販売されているカレー店”「スパイス堂」に行ってきました。

有名なダルバート食堂の姉妹店ということで知ってる人は知っているかも。

店内では圧巻の量のスパイスが販売されていて、スパイス堂のカレーはそのスパイスを使って作られているとのこと。

見た目は思ったよりシンプルだけど、ルーにはたくさんのスパイスが溶け込んでいて、他では味わえないような独自のスパイス感が楽しめるカレーでした。

スパイス堂

「スパイス堂」へ行くには、谷町と松屋町の間を通っている空堀商店街から向かうと目印がわかりやすいので個人的にオススメです。

商店街を歩いていると「旧ヤム邸」があるそばに、長堀通へ向かっての細道があるので、そこを歩いていくと公園の前にお店があります。

和民家を改装した感じがおしゃれ!この辺りはこういう和風のお店が多いけど、その中でも色使いがいい感じ。

店内に入ってみると、

WOW…

SO NICE!!

圧巻のスパイス、スパイス、スパイス!!

メニューはこんな感じ。

トッピングが少し見にくくなってしまったけど、正確には、

  • 東南アジア風チキンの煮込み JPY650
  • ミニベジカレー JPY200
  • ライス大盛り JPY100
  • カレーのルーの大盛り JPY100

となっています。

本日のカレーは、フィッシュカレーでした。

今回は「辛口チキンカレー」を注文しました。最初はベーシックなのが食べたい派なので。

注文後の待ち時間には店内のスパイスをチェックしていました。だいたい数分待つと、

。。。

見た感じは思っていたよりもシンプル!見た感じは欧風カレーのようなルーですね。

チキンはトッピングに書いていた東南アジア風の煮込みかな。

キャベツの酢漬けと、水菜?と赤玉ねぎが添えられています。

食欲をそそる香りに誘われて、いざ!いただきます!

一口食べると、見た目は欧風カレーっぽいけどそれとは違う、スパイス感たっぷりのルー。辛口チキンカレーと書いてあるだけあって結構辛い。

スパイスは色々使ってるのかなぁ?あまり他の店では食べたことのない、スッキリとした強めの辛さのスパイスカレーです。

スッキリっていうのはなんというか、スパイスの主張は凄いけど後にはあまり残らない感じ。

ライスはおそらくバスマティライスかな?口の中でホロっと崩れるような食感がいい!

具材のチキンは、足の部分が丸ごと入っていてボリュームたっぷりです。皮の部分まで蒸し上げられていて、ジュワッと広がる脂の旨味もいい感じ。

ちょっと食べにくいけど。チキンカレー用にフォークも用意してくれています。

他の具材はシンプル。キャベツは甘酸っぱい味付け。水菜と赤玉ねぎはそのまま使ってるかな?彩り+シャキッとした食感用ですね。

スパイスカレーにしてはシンプルな構成ですが、とにかくルーが美味しいので満足度は高め。カレー好きも納得の一皿でした!

ちなみに、この時友人はフィッシュカレーを食べていたんで一口もらったんですが、ルーはチキンカレーと比べてだいぶマイルドに作られていました。今度はそっちも食べてみたいと思います。

帰りには店員さんにアドバイスをもらいながらスパイスも買いました!

次はスパイスカレー(家編)をお楽しみに(笑)。

お店情報

店名:スパイス堂
ジャンル: カレー
電話:06-7508-1695
住所:大阪市中央区谷町6丁目13-6
交通手段:大阪市営地下鉄谷町六丁目駅 4番出口 徒歩3分
地下鉄松屋町駅 3番出口 徒歩4分
谷町六丁目駅から200m

営業時間:[月・水~金・土・日・祝]
11:30〜20:00
定休日:不定休、毎週火曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました